宝塚歌劇のチケットは人気公演になると、抽選に当たらずなかなか購入できません。

逆に複数申し込みを行い、結果としてチケットが重複してしまうこともあります。

こうした時に思いつくのが、チケット転売サイトです。

実際、チケットの転売サイトには宝塚歌劇のチケットが出ています.

どうしても見たい公演、例えば「エリザベート」や「ベルサイユのばら」「オーシャンズ11」などの公演を転売サイトで入手する方もいるでしょう。

 

では転売サイトで宝塚歌劇の公演チケットを売却してしまうと、「宝塚友の会」の会員資格が停止させられてしまうのでしょうか?

またチケットの転売によって逮捕された人もいるようです。 

この記事では、上記のような宝塚歌劇の公演チケットの転売・購入についての情報をご紹介します。

 

宝塚歌劇のチケットはキャンセルできるのか?

 

まず大前提として、宝塚歌劇のチケットを購入後に「キャンセル」できるのでしょうか?

キャンセルできるのであれば、ルールに則ってチケットをキャンセルすれば全く問題はないでしょう。

宝塚歌劇のオフィシャルサイトには、チケットキャンセルに関して次のような注意書きがあります。 

宝塚歌劇インフォメーションセンターでの電話予約後、または劇場チケットカウンターでのご購入後のキャンセル・変更はお受けできませんのでご了承ください。電話予約後、お引取りのない場合はキャンセル料を100%(全額)頂戴いたしますのでご注意ください。プレイガイドでのご予約・ご購入につきましては、各プレイガイドにお問い合わせください。

引用:宝塚公式HP

 

「宝塚友の会」に入会し、Webからチケットを購入した場合でも、やはり日時を指定して購入している以上、キャンセルはできません。

購入したチケット代金が、戻ってくることはありません。

ですから宝塚歌劇のチケットを購入する時は、日時や何時からの公演なのか、確認してから購入するように注意しましょう。

キャンセルができないので、チケット転売サイトで転売するという方法もありますが、「宝塚友の会」の規約では許可されているのでしょうか?

 

「宝塚友の会」の規約:チケット転売は会員資格喪失の可能性大

 

宝塚のチケットを購入した後に、公演に行けなくなり、チケットが無駄になってしまうのがもったいないので、転売サイトを利用しようと思われる方もいるでしょう。

でも、ちょっと待ってください。

「宝塚友の会」の会員規約には次のような規約があります。

 

第6条(会員資格の喪失)会員は、本規約に違反した場合または次の各号に掲げる禁止行為を行うなど友の会が会員として不適切であると判断した場合、会員資格を喪失するものとします。

  • 転売・譲渡等を目的に、サービスを利用してチケットの購入をしたとき。
  • チケットを転売したとき。
  • その他友の会が会員として不適切な行為と判断したとき。
  • 規約等に違反したとき。
引用:宝塚友の会規約

  

チケットの転売は、上記の4つの会員資格喪失の条項に引っかかってきますので、宝塚歌劇に発見されれば「会員資格停止」は免れません。

つまり宝塚のチケットは転売できないという意味です。

ですから、「宝塚友の会」の方がチケットを購入した後に、公演に行けないことが分かったなら、友人や知人に譲渡するという方法しかないでしょう。

宝塚友の会によって、転売行為が発見される主な理由は、オークションや転売サイトに、公演日時と座席番号を記入していることです。

こうした情報によって、購入者を特定できるようになります。

そのため、転売サイトやオークションサイトでは、座席に関する記載が「座席番号〇〇~〇〇までの間」というような記載になっているわけです。

 

会員以外の方がチケットを購入した場合は個人の判断

 

しかしあくまで「宝塚友の会」の会員であれば、転売はできないという意味になるので、一般の方であれば、個人の判断に任されるということになるでしょう。

しかし、チケット販売を行なっているサイトにも規約がありますので、規約で転売が認められていない場合は極力「転売」は避けましょう。

 

もしチケットの転売が規約上問題ない場合、こちらのサイトが便利です。

もちろんチケットを「売る」のも「買う」のもOKです。

⇒"宝塚の観劇チケット"なら"チケスト"で

⇒日本国内はもちろん世界中の音楽・スポーツイベントのチケットがviagogoで手に入る!
 

コンビニ支払で料金を期日までに支払わないとどうなる?

 

宝塚歌劇のHPからWebチケット予約をして、コンビニ払いを選択する方もいます。

この場合、チケットを予約しただけであるため、料金の支払は当然行われていません。

指定されている期日までに料金の支払が必要になりますが、

  • 期日までに支払うのを忘れてしまった
  • 予約後に公演に行けなくなったため料金を支払いたくない

このように感じる方もいるかもしれません。

 仮に、予約後にコンビニ支払いを選び、支払を期日までに行わないとどうなるのでしょうか?

 

まず期日までに支払が行われない場合、チケットは自動的にキャンセルとなります。

つまり支払いは、行われないということになります。

 

じゃあ、チケットをキャンセルできるのと同じことではないか?

このように思われる方もいるかもしれませんね。

しかし、Webでチケットを予約することは、購入を前提にしているため、予約後に支払をコンビニで行わないことには大きなデメリットがあります。

 

コンビニ決済を行わないデメリット

 

「宝塚友の会」という会員としてチケットを購入している場合、次からのチケット抽選が当たらなくなる可能性があります。

もちろんサイトで公言しているわけではありませんが、暗黙の了解ということです。

チケットを購入しますという約束の元で、コンビニ払いを選択しているので、入金しないということは、契約を反故にしたということなので、こうした扱いは致し方のないことでしょう。

 

1度くらいであれば、間違いということもあるため、すぐに抽選に影響が出るわけではないかもしれません。

しかし何度も繰り返すなら、会員の中でブラックリストに載せられてしまう可能性があります。

  • チケットの抽選に当たらない
  • 会員資格の停止

ブラックリストに載せられてしまうと、上記のような事も充分考えられます。

もちろん運営側がどのような処置を取るのかという点は、状況によって異なりますが、予約をしたらきちんと支払をするようにしましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事